cryptokeeperでテキストファイルが「実行可能」になってしまう

Linux Mintのソフトウェアとアプリケーションに関する質問

cryptokeeperでテキストファイルが「実行可能」になってしまう

投稿記事by kmps » 2019年6月27日(木) 12:48

Mint 18 Sarah/カーネル Linux 4.4.0-151-generic x86_64/MATE 1.14.1
Core i5-3570/メモリ8GB
です。

あるテキストファイルをcryptokeeperで別に保存し、それを開くと実行可能ファイルになってしまってます。「表示する」を選択すれば別に問題なく読めるのですが、いちいちそのたびダイアログが開くのがうっとおしい・・・

デスクトップやホームフォルダに保存した元のファイルは最初からテキストエディタが開くのですが、なぜcryptokeeperを通すとこうなるのか分かりません。ファイルのパーミッションを見てもオリジナルと全く変わりなく、見た目には「実行可能ファイル」ではないはずなのですが・・・

宜しくご教示ください
kmps
前相撲
 
記事: 4
登録日時: 2014年9月03日(水) 14:30

Return to ソフトウェアとアプリケーション

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Google [Bot] & ゲスト[3人]

cron