17.3から18

Linux Mintのインストールと起動に関する質問

17.3から18

投稿記事by komichi » 2016年12月15日(木) 21:36

17.3をターミナルから18へUPGRADE(内臓a:windows10 b(物理的別ドライブ):mint (GRUB b:))
cinnamon、mateともに、なんの問題もなく完了しました。
networkのremminaやtelnet等も17.3と変わらず継承使用できました。
名称変更verで、こんなに何も問題が起きない経験ははじめてでした。
rcSファイルは以前と違いUTC=noの項目がありませんでしたが、win、mint交互に再起動しても、どちらもJST表示になってました。
komichi
幕下
 
記事: 71
登録日時: 2012年12月26日(水) 15:33

Re: 17.3から18

投稿記事by fu-sen » 2016年12月16日(金) 10:40

komichi さんが書きました:rcSファイルは以前と違いUTC=noの項目がありませんでしたが、win、mint交互に再起動しても、どちらもJST表示になってました。

システムクロックの UTC・ローカルタイムを確認・設定するところですね?
Linux Mint では 18 より(ベースとなっている Ubuntu 16.04 LTS より)
timedatectl コマンドで確認・設定を行うように変わりました。端末で操作して下さい。

  • sudo timedatectl | grep local → 現在の状態を表示
  • sudo timedatectl set-local-rtc 0 → UTC で管理
  • sudo timedatectl set-local-rtc 1 → ローカルタイムで管理
fu-sen
関脇
 
記事: 364
登録日時: 2014年3月06日(木) 17:40

Re: 17.3から18

投稿記事by komichi » 2016年12月18日(日) 15:12

fu-senさん、お返事遅れてすみません
了解しました
コマンドで確認しました。
defaultでlocalになってるのでしょうか、これまでは、内蔵の場合はmint(JST)で終了して、winを立ち上げると、UTCになっていたのでrcSファイル書き換えてたのですが。。。。
今回の18へのupgradeには、なんの問題もありませんでした。
komichi
幕下
 
記事: 71
登録日時: 2012年12月26日(水) 15:33


Return to インストールと起動

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[4人]

cron