フロッピーディスクドライブがうるさくて困っています

Linux Mintの初心者向けフォーラム

フロッピーディスクドライブがうるさくて困っています

投稿記事by Yingxue » 2017年2月21日(火) 21:29

こんばんわ。

私のPCには、今時めずらしいですが、USB接続のフロッピーディスクドライブが取り付けてあります。

Linux Mintを起動していると、2秒毎位のペースでフロッピーディスクドライブのアクセスランプが一瞬点灯するのですが、
この時にフロッピーディスクドライブから「カッ」というアクセス音がして非常にうるさいです。
フロッピーディスクが入っていると静かなので、今はディスクを入れっぱなしにしてあります。
フロッピーディスクが入った状態でもアクセスランプが一瞬点灯する状態は変わりません。
また、フロッピーディスクをマウントしている、していないにかかわらず、アクセスランプの一瞬点灯は続きます。

たぶんフロッピーディスクが挿入されているかどうかをチェックしているのではないかと想像しているのですが、
この2秒毎位にアクセスするのを止められないでしょうか?

「ディスク」で見ると、フロッピーディスクドライブの自動マウントはOFFになっています。
「このディスクの電源を切る」というのをクリックすると、フロッピーディスクドライブへのアクセスは止まります。
(フロッピーディスクドライブも見えなくなりますが…)

必要な時にフロッピーディスクを入れて、「ファイル」の「デバイス>フロッピーディスク」をクリックしてマウントできるのが理想的です。
また、USBメモリの自動マウント等には影響を与えたくないと考えています。

よろしくお願いします。


環境
Linux Mint 18 Cinnamon 64bit

fstabの記述(デフォルトのまま)
/dev/sdb /media/floppy0 auto rw,user,noauto,exec,utf8 0 0

フロッピーディスクのマウント、読み書き、アンマウントは問題なし。
フロッピーディスクドライブはUSB接続。
Yingxue
前相撲
 
記事: 1
登録日時: 2017年2月21日(火) 21:01

Return to 初心者サポート

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]

cron